• 立木貴也

最終更新: 2020年10月13日

古代からその音色は「天から差し込む光」を表すとされている。

笙奏者は常に考え、注意深く音を紡いでいく必要があるが、

とにかくダーダーと必要以上に大きく張り上げ、

雑な演奏をしている、雑な演奏になっている人が多い。

天から差し込む光とほど遠い下品な音色・演奏である。


大きな音で吹くこと自体は、

時と場合によっては重要になってくるが、

より張り方に注意する必要がある。

また極端に強くしたり弱くしたりすることは、

笙の演奏においてはナンセンスであり避けるべきことである。

ただし舞楽の演奏においては、

その様に演奏した方が落差によってリズム感が出て、

曲が活き活きしてくる等、

効果的な場合もあるということを付け加えておく。


最初に述べた”雑な演奏”とは何か。

それは篳篥の旋律フレーズを無視し、不必要な箇所で強く張ったりすることである。

では”良い演奏”とは何だろうか?

あくまでも持論に過ぎないが、

普段は縁の下の力持ちで裏方に徹し、

要所要所で存在感を出し、曲の流れを作る演奏である。


その”要所”とは何処か。

それが主旋律である篳篥の旋律フレーズの区切れ目である。

このフレーズの区切れ目、インジャの間を美しく描くことができ、

如何に主旋律の篳篥や龍笛に上手くバトンを渡すことができるか。

これがポイントになってくる。

次回はお馴染みの平調・越殿楽を用いて具体的に解説していく。


-続-

張る、張らない② 2020.8.21







37回の閲覧0件のコメント

最終更新: 2020年8月29日

猛暑の毎日でございますが、いかがお過ごしでしょうか。

笙の皆さんは熱中症に気をつけて練習なさって下さいね。


さてタイトルの件ですが、

8月30日の雅ナ戯レを120%楽しんで頂くには、

やはり事前の予習をして来て頂きたい!

と思っています。



なかなか忙しくて時間がない...

古典文学は難しそう...




事前の予習無しでも楽しんで頂ける様に工夫はしておりますが、

120%楽しんで頂ける様に以下の動画をお勧めします。

とても分かりやすく解説されております。

勿論、当日は演奏の方もきっちり楽しんで頂けますよ!

ご期待ください。





中田敦彦のYouTube大学より

紫式部【源氏物語①】ロイヤル・サクセス・パニックラブストーリー

https://www.youtube.com/watch?v=YYq2Gyp7c1M



49回の閲覧0件のコメント
  • 立木貴也

昨日は脚本担当、ナレーション担当も合流してリハーサルを行いました。

前回は龍笛の石原氏が一人で担当してましたが、

今回からは脚本を尾形睦さん、ナレーションを松下由紀さんが担当してくれます。


全体を通してみましたが、

ナレーションも非常に分かりやすく、楽しんで頂けると思います。

所々、和歌が入るのも非常に良いですね。

乞うご期待です!



〈要予約 10名様限定〉 8/18現在,残り2名です。

ご予約お待ちしております。

イベント詳細:https://www.facebook.com/events/790668135073556/






30回の閲覧0件のコメント

Copyright (C) 2018-2020 Takaya Tachiki. All Rights Reserved.