• 立木貴也

コロナ後初の・・・

去る10月31日、大阪狭山市のSAYAKAホールにて、

狭山雅(みやび)会の一員としてコンサートに出演してきました。

自分にとってコロナ後初のコンサートになりましたが、

やっぱり大人数だと吹いてて楽しいし、迫力も出ますね!

再びコロナ感染者も増えてきたので、

今まで以上に気をつけて活動していきたいと思います。


今回演奏させて頂いた舞楽「青海波」は、

源氏物語の「紅葉賀(もみじのが)」の巻で光源氏が舞った曲として有名ですが、

演奏される機会があまり多くなく珍しい演目の一つです。



装束がとても美しく、波をイメージさせる舞の手も見事でした。

この曲は打物(打楽器)の打ち方が最後の方で、

男波・女波・千鳥懸け、と呼ばれる特殊な叩き方になります。

少しリズミカルに軽快になったのがお分かりでしたでしょうか?

またいつか演奏してみたい演目の一つです。


あまり近くで見られない還城楽の小道具の蛇。

にょきにょき。














皆さん、ありがとうございました!!

また来年お会いしましょう。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

張る、張らない②

古代からその音色は「天から差し込む光」を表すとされている。 笙奏者は常に考え、注意深く音を紡いでいく必要があるが、 とにかくダーダーと必要以上に大きく張り上げ、 雑な演奏をしている、雑な演奏になっている人が多い。 天から差し込む光とほど遠い下品な音色・演奏である。 大きな音で吹くこと自体は、 時と場合によっては重要になってくるが、 より張り方に注意する必要がある。 また極端に強くしたり弱くしたりす

Copyright (C) 2018-2020 Takaya Tachiki. All Rights Reserved.