• 立木貴也

ブログを開設しました。


お世話になっております。

この度、ブログを開設いたしました。

練習やレッスンの様子、演奏会の報告など

たくさんの事を綴っていきたいと思いますので、

よろしくお願い致します。



103回の閲覧

最新記事

すべて表示

張る、張らない②

古代からその音色は「天から差し込む光」を表すとされている。 笙奏者は常に考え、注意深く音を紡いでいく必要があるが、 とにかくダーダーと必要以上に大きく張り上げ、 雑な演奏をしている、雑な演奏になっている人が多い。 天から差し込む光とほど遠い下品な音色・演奏である。 大きな音で吹くこと自体は、 時と場合によっては重要になってくるが、 より張り方に注意する必要がある。 また極端に強くしたり弱くしたりす

Copyright (C) 2018-2020 Takaya Tachiki. All Rights Reserved.