Biography

立木貴也    作曲家・雅楽/笙 奏者

大阪音楽大学音楽学部作曲学科作曲専攻卒業。

在学中に雅楽と出会い、卒業後に天王寺楽所雅楽伝習所などで研鑽を積む。

作曲とピアノを久保洋子、土田英介、ピアノを茨木節子の各氏らに師事。

笙を林絹代、笙と古代歌謡を石川高の各氏らに師事。

国際芸術セミナーに参加。

ピアノをM.ジョスト、室内楽をP-Y.アルトー、P.モンティ、W.グリマーの各氏に師事。

2011年フランスにて、クールシュヴェール夏期国際音楽アカデミーに参加、

ディプロマ取得、受講生選抜コンサートに出演。
2013年、第13回武生国際作曲
ワークショップを奨学受講生として受講。

同年、日仏現代音楽協会主催のA.ゴーサン作曲マスタークラス&コンフェランスを受講。

​他、定期的にフランス及びドイツに渡り研鑽を積んだ。

これまでに第9回TIAA全日本作曲家コンクール、第20回及川音楽事務所新人オーディション

第25回京都芸術祭音楽部門、RISUONANZE incontri di nuove musiche(イタリア)

第3回洗足現代音楽作曲コンクールB部門(鍵盤楽器作品)などで受賞・入選。

Beltaレコードより発売中の「光あるうちに~鈴木信夫の詩による歌曲集」に楽曲収録。

作品は日本はもとより、フランス・イタリア・メキシコでも演奏されている。

takaya-tachiki

笙奏者としては雅楽古典から現代音楽の演奏をはじめ、

クラシックポップスの曲等を自ら編曲して演奏するなど、ジャンルを問わず幅広く演奏活動を行っている。
2017年3月に
ジョイントリサイタル「笙とピアノの可能性の追求~古来から現代まで~」を開催。

2019年1月には「京都女子大学ニューイヤーコンサート2019」において、佐藤岳昌氏の2本の笙とパイプオルガンのための作品を、

笙奏者の上田弘美、バッハ国際コンクールのオルガン部門で日本人初で優勝した冨田一樹の両氏と初演。

同演奏会では邦楽/洋楽・舞・美術(マドレー染)のコラボレーションによる新作初演にも参加。

​また正倉院宝物復元楽器である竽(う)の演奏や、日本固有の楽器である和琴の演奏活動も行っている。

​「 竽 」について

竿(さお)や芋(いも)に似ていますが、竽と書きまして[う]と読みます。

笙より一回り程大きくオクターブ低い音が出ます。

中国より奈良時代に日本に伝来しましたが、

平安時代には廃絶されてしまいました。

​現在は正倉院に、笙3本と共に竽も3本残されています。

当時の日本人には低音が好まれなかったのでしょうか。

また音が小さく変化も付け難い、笙と違って音に華やかさも無いためか、

平安時代中期の楽制の整理の段階において、

大篳篥や箜篌(くご)といった楽器と共に省かれました。

中国では紀元前から存在していた事が分かっており、

リード楽器としては最古のものです。

笙は天から差し込む光の音。

竽は太古の海や森などを垣間見るかの様な、

郷愁に満ちた柔らかい音の響きが魅力的です。

Youtubeにも少し演奏を載せておりますので、是非ともご鑑賞下さい。

​「 和琴 」についてはコチラからどうぞ
      
(準備中)